YOROKOBU PALE ALE誕生

Text by Riko

SPICEの立ち上げから2ヶ月、私たちは「クラフトビールのブルワリーを函館につくりたい」と考えていました。

その理由は、

①日本中、世界中色々な場所にある、その地の個性が詰まったクラフトビールっておもしろい!旅先で乾杯するその土地のクラフトビールは、おいしさの向こうに作り手・ストーリーがしっかり見えて、その場所を知るための重要な役割。

②クラフトビールの定義『小規模であること・独立していること・伝統的であること』という条件が、まさに私たちの目指す「(都市だけではなく)好きな場所で生きていく」という目標、そしてそのために実現したい世界観と合っている!

③函館は水がおいしい。そしてビールの原料である麦もつくられているし、なんとホップも昔は自生していたらしい!

これはもう、私たちが、函館で実現したいことが詰まっている、と思っていたからです。

さらには、この時点で自分たちのビールづくりのコンセプトも決まっていました。

ずばり『気持ちの良いビール』。

ビールを飲むのは、解放された気分のとき。なぜか、しんみりした涙とビールは似合わない。飲むシーンがそこまではっきりしているものだからこそ、とことん気持ちよく飲めるものにしたい!ということでこのコンセプトになりました。

さらには、作り手・売り手・飲み手・生産者・地球にとっても気持ちよくあること。そして、考え始めると伝えたいことは色々あるけれど、気持ちよいほど潔く、シンプルにおいしいものにしたい。そんな壮大なビジョンを描いたのです。

当初いきなり考えた壮大なビールづくりコンセプト

すぐに私たちは、物件を紹介してもらって内見したり、他のブルワリーの見学に行ったりしていました。

しかしだんだんと見えてきた、立ちはだかる巨額の初期投資の壁・・・

そして酒造免許の取得についても調べるうち、毎年の膨大な義務醸造量を知り、それを達成するために逆算してたてた壮大な事業計画と向き合いながら、どうやって実現できるか、首をひねる日々でした。

”ここでブリュワリーをやりたい!”と閃いた物件。ビール醸造への道はここから始まった。

醸造設備を見せてもらうため、創業の話を聞かせてもらうため、色々なブルワリーをまわっていた中で出会ったのが徳島県上勝町にあるRISE&WIN BREWINGでした。

この上勝町は日本で初めて『ゼロ・ウェイスト宣言』を行った町として有名で、町にはゴミの焼却所がなく(もちろん埋め立ても)、住民は36種類にゴミを分別し自らゴミステーションに持ち込むという取り組みを行っています。この取り組みを学ぶことも訪問目的の一つで、大阪から車で3時間の道のりを訪ねました。

このスーパーかっこいい建物をみただけでまず満足、さらにおいしいビールがどんどん飲めるブリュワリー兼タップルーム。

そして現地を訪問し、色々とお話を聞くうちに、このブルワリーがまさに地域に根ざしたビールつくりをしていることを知り、私たちの地域への想いも共有したところ、なんと、私たちのビールの製造をしてくださることになったのです!

上:RISE&WIN BBQ&General store裏手からみる景色下:ゴミステーションの様子。瓶だけでもこんなに細かい分別がある。
上:上勝町の町並み。山桜がいたるところに咲きほこり、里山の春。下:グラウラーでの量り売りも。ゴミを出さない工夫

思わぬご縁で叶った「クラフトビールをつくりたい」という想い。

私たちは、「函館×上勝町」を表現できるビールをつくるべく、さらに具体的にそのコンセプトを考えました。

いきなり提案した私たちのビール企画

そこで、以前から薄々思っていた、「生の海鮮にクラフトビールって意外と合わないんじゃないか問題」を解決できるビールをつくってみよう、ということになりました。

そして何か函館らしさ、を表現できる原材料。さらに、上勝町の「ゼロ・ウェイスト」のエッセンスを感じられるもの。

そんなことを考えながら色々と素材を探すうち、「昆布」に辿り着きました。


そこから、函館真昆布をつかい、ビールのスタイルもサワー、IPA、ペールエールなど色々試し、さらに昆布の濃さについても色々な濃さでの試作をして頂きました。

いよいよ待ちに待った試飲のとき。それぞれのスタイル、昆布の濃さも様々。

海鮮や、匂い強めの魚卵、野菜など色々な料理を用意し、試飲会を開催しました。

そしてわかってきたことは、クラフトビールのホップの強さが海鮮に合わないのではないか?ということ、そして昆布の味は温度が上がってくるにつれ風味が広がりやすくなるということ。ホップの香りの強いIPAスタイルは候補から外し、ゆっくり飲んでいるうちに温度が上がることも想定し、ぎりぎりのラインを設定しました。

そして実は試作段階での一番人気はサワースタイル。ただ、このサワーというスタイルはその名の通り酸味が強く一般的な”ビール”というイメージとは少し遠い。とてもおいしいのですが、”ツウ”のためのクラフトビールという感じがしてしまいます。

一方”ビール”としてわかりやすいスタイルであるペールエールは、昆布が加わるとぱっと華やかな風味が広がり、こちらはわかりやすいおいしさ。

クラフト感をつきつめるのか、受け入れられやすさをとるのか・・・議論と試飲は続きました。

魚卵やらお肉やらも準備し組み合わせを試食
ビールの酒類・昆布の濃さで色々実験

そして立ち戻ったのが、『何のためにビールをつくるのか』という、このプロジェクトの根幹である目的の議論でした。

・みんながわいわい囲む食卓にこのビールがあり、気持ちよくビールを飲みながら、函館のことを知ってもらいたい。

・このビールを飲んで上勝町のこと、そしてゼロ・ウェイストという取り組みについても知ってもらいたい。

これが私たちの目的です。

ここに立ち戻ると、結論はシンプルでした。

まず第一弾としては、より多くの人においしいと感じてもらえるもの、そして気軽に飲んでもらえるものにしたい、ということで、ペールエールスタイルを採用することに決まったのでした。


とはいえ、この頃は気候が変化してきていて、函館で昆布がとれなくなってきていることも聞いていました。あえて希少な食材をビールに使うことはどうなのか?という議論もありました。

そこで思い出したのが、「昆布を出荷するときに、四角い形に揃えるため、切り落とした切れ端が発生する」というお話でした。

早速昆布を取り扱っていらっしゃる方に伺い、切り落とした昆布をビール用に使わせて頂けることになりました。

*現在は南茅部漁協様のご好意で、漁協様より函館真昆布をご提供頂いています。


そして次に必要なのは、ビールのラベルです。

ラベルは、すぐに決まりました。

以前から、「もしビールをつくるときがきたら、カモメに関係したデザインにしたい」と決めており、友人の画家に「カモメのいる景色のビールのラベル」の絵をすでに描いてもらっていたのです。

文字が入る前の原画

海があって、山があって、そこから元気な太陽が顔をのぞかせる・・・

函館育ちの私には函館山のようにもみえたり、旅先でみた他の山のようにも見えたり。見る人によって自由に感じてもらえる、そんな自然な絵がとっても気に入っています。

そして商品のネーミングです。

ビールのコンセプトや、ラベルの絵からみんなでブレストを行いました。

今みるとなかなかおもしろいですが、みんなで案を出し合い投票しあった結果は

うみっこビール、Coldwater pale ale、らららビール、Fisherman’s pale aleなどなど幅広くありました。

この中から最も票数を集めて決まったのが『YOROKOBU PALE ALE』です。(ちなみに投票当時は”よろこぶPALE ALE”とひらがな表記でした!)

この由来は・・・

”昆布が入っている”というのと、ビールのコンセプトである”気持ちよいビール”というのをかけ合わせた駄洒落です😅

(ちなみに、ラベルの絵を書いてくれたよしみちゃんは、長いこと本当に”よろこんぶPALE ALE”だと思っていたことが発覚しました・・・笑)


こうして商品は完成に近づき、いよいよどうやってお披露目するか、また酒販免許をもたない私たちがどうやって販売できるかなどなどを検討し、いよいよ色々な初めての経験とRISE&WIN Brewingさんからの多大なるご協力を経て、発売へとたどり着いたのでした。

*発売・お披露目のストーリは『Local Food Labo#3 カザマスキー』へ続く


できあがった商品が手元に届いて開封したときの喜び・・・そして初めて自分たちで乾杯したときのわくわく感・・!

ラベルのかわいさも、味のおいしさも、全てに大満足の仕上がり。

きゃっきゃきゃっきゃと喜びながらの発売日となりました。



そして発売から1年が経った今、自分たちが想像した以上に多くの方に飲んで頂き、またこのビールがご縁となって函館・東京・神奈川・富山・三重など色々な地域に伺い、このビールを飲んで頂くことができました。

もともと私たちSPICEは、『これをつくりたい!』という想いから始まったチームではなく、発信したいこと(函館の魅力)や伝えたいこと(好きな場所で生きていける)があり、”さぁそれをどうしよう!?”というステージでした。

そんな中まず最初にこのビールが形になり、間違いなくおいしくて、作ってくれているブリュワリーも、ラベルの絵を描いてくれている友人も、そして函館の海鮮に合う・函館の昆布でつくった・・・と、伝えたいことがモリモリのこのビール。

でもとにかく、おいしいお食事をつくってくれるシェフがいて、みんなが美味しいものを食べるテーブルにこのビールを並べてもらえるだけで感無量。そしてさらにビールのストーリーも伝えてもらい、函館の話もさせてもらえる機会を色々な場所で頂けて、このビールが私たちを色々なところへ連れて行ってくれている。むしろ、私たちが行けないところにもこのビールが旅してくれて、函館の香りと上勝町ゼロ・ウェイストのメッセージを届けてくれていて、とっても頼もしい分身のような存在になってくれました。

ダジャレでつけた名前だけど、『ヨロコブ』なんて名前も絶妙だったなぁなんて、自画自賛をしながらこれからも楽しい食卓にお届けできるように色々考えをめぐらせています。


ビールについての情報はこちら↓

https://www.spice-jp.com/beer